妊娠腹痛|初期、中期、後期と段階別体験談集

妊娠初期、中期、後期と腹痛に関する体験談を段階別に分けて掲載しています。

妊娠初期の便秘による腹痛

私が腹痛で悩まされたのは妊娠がわかって間もない初期の段階でした。

腹痛の原因は便秘とわかっていたので産婦人科にも相談していましたが、処方されていた漢方薬では便秘が改善されなかったのです。

結局は産婦人科で浣腸を使って何とか腹痛から解放されました。妊娠をするとホルモンバランスの変化によって便秘に悩まされる女性は多いのです。

妊娠後期には子宮の重さで腸が圧迫される事で、更に排便がスムーズにいかなくなる事もあります。私の場合には浣腸をして以降は、産婦人科から漢方薬ではなく妊婦が飲んでも大丈夫な便秘薬を処方されました。

赤ちゃんの小さな右手

食べ物や水分の摂り方にも気をつけましたが、それでも時期によっては便秘に悩まされたからです。

また、お腹が大きくなってくると排便に長く時間をかける事が体勢的にもきついですし、無理をすれば痔になる恐れもあるからです。

この痔も便秘や出産時のいきみが原因で妊産婦の多くが経験しています。腹痛や便秘などの異常を感じた時には我慢をせずに、産婦人科に相談する事が一番です。

お腹に赤ちゃんがいる妊婦は検査にも時間がかかる事も珍しくなく、また赤ちゃんの健康の為にも処方できる薬が限られているからです。

もちろん食生活や日常生活でも気を配る事も大切です。