妊娠腹痛|初期、中期、後期と段階別体験談集

妊娠初期、中期、後期と腹痛に関する体験談を段階別に分けて掲載しています。

妊娠中期から後期にかけての腹痛の対処法

初めての妊娠では特にいろんな症状に対して神経質になりがちだと思います。私も第一子妊娠中は些細なことで不安になったり心配になったりしていました。よく妊婦向けの雑誌には心配なことがあったらまずはすぐにかかりつけの産婦人科に電話し指示を受けるように書いてあります。私もちょくちょく電話をしていましたが、今になって考えると病院からしたら迷惑な患者だったと思います。

病院に電話しても大抵は大量に出血があったり、我慢できないような腹痛になったら病院に来てくださいと毎回同じようなことを言われます。妊娠中期から後期にかけては検診まで間が長いので心配だと思いますが、割と妊娠中の腹痛はよくあることなので様子をみることも大事だと思います。

医院

私がよく経験した腹痛は何種類かあります。まず一番多かったのはお腹の張りからくる腹痛です。お腹が張って腹痛がおこるのですが、この時はすぐに病院に電話して受診したほうがいいと思います。次に胎動が激しすぎて腹痛が起こることもたくさんありました。胎児の動きが激しすぎて膀胱を内側から刺激されたりお腹の皮がのびすぎて腹痛を起こすこともあります。

これは全く問題のない腹痛だと思いますが、これも意外とかなり痛いのでゆっくり息をして体の向きを変えるという方法がおすすめです。最後に結構生理痛のような痛みもあります。私はこの痛みは割と様子をみていました。子宮が急激に大きくなるにつれて、生理痛のような痛みが起こることはよくあるそうです。


妊娠後期の腹痛は陣痛と区別がつきにくい

二人目の妊娠中のことです。9ヶ月に入った頃、夜中にお腹の痛みで目が覚めました。暫く我慢していると痛みは治まったり、またやってきたりという感じでした。

私は生理痛が酷かったので、「そういえば生理痛も暫く経験していないな、こんな痛みだったなあ」と感じたりしていました。出産日までにはまだ少し日数があるので、余計に心配になり、夫に病院に連れて行ってもらいました。検査の結果、胃腸炎ということでした。とりあえず、ほっとした、というのが率直な感想でした。

医師

医師からは「前駆陣痛だと思ったんではないですか?」と冗談で言われましたが、本当にこれから本格的な陣痛が始まるのかなあ、と思うほどの痛みでした。赤ちゃんも、もう充分大きくなっているので、お母さんがのんでも赤ちゃんに影響のない薬だから大丈夫です、と薬を処方してくれました。

それでもやっぱり心配でしたので薬はのみませんでした。妊娠中は今まで当たり前にのんでいた薬が、のめなくなることも多いので、体調管理を今まで以上に行うことが大切です。臨月間近であれば、自分では陣痛なのか、ただの腹痛なのか判断できないものです。少しでも体調がおかしい、と感じたらすぐに病院に行くことをお薦めします。


妊娠初期の生理痛に良く似た腹痛

生理が遅れていることに気づいたぐらいから、生理痛のような鈍痛が続くことがあります。生理痛に良く似た腹痛が続いているのに、なかなか生理が始まらず、妊娠検査薬を使ったら妊娠していたということはよくあります。

このような妊娠が初めてわかる前の下腹部痛は良くある症状です。産婦人科で妊娠の診断を受けた後でも下腹部痛が起こることがあります。

しかし、出血を伴う、痛みが数日間続いている、どんどん痛みが強くなってきた、そんなに痛くはないが腹痛があり赤ちゃんが大丈夫なのか不安だという時は、自己判断で様子を見ることはせずに、迷わずに産婦人科に電話で相談しましょう。

自宅安静で様子を見るべきか、すぐに受診するべきか、指示を出してもらえるはずです。

自宅

自宅安静を告げられても受診までの間、心配が続きますが、少しでも腹痛を感じるようなことがあれば、家事も上の兄弟の育児も全て放りだして横になってじっとしましょう。自宅安静とは、自分の食事とトイレ以外は何もせずにじっと横になることです。テレビやスマホの光が刺激になることもあるので暇でも安静にすることが大切です。

妊娠初期の腹痛や出血で考えられる症状は、初期流産や子宮外妊娠などが考えられますが、まずは産婦人科への電話で指示を仰ぎ、安静を心がけましょう。
【出典・参考サイト】http://妊娠中にやってはいけないこと.com/


妊娠初期の便秘による腹痛

私が腹痛で悩まされたのは妊娠がわかって間もない初期の段階でした。

腹痛の原因は便秘とわかっていたので産婦人科にも相談していましたが、処方されていた漢方薬では便秘が改善されなかったのです。

結局は産婦人科で浣腸を使って何とか腹痛から解放されました。妊娠をするとホルモンバランスの変化によって便秘に悩まされる女性は多いのです。

妊娠後期には子宮の重さで腸が圧迫される事で、更に排便がスムーズにいかなくなる事もあります。私の場合には浣腸をして以降は、産婦人科から漢方薬ではなく妊婦が飲んでも大丈夫な便秘薬を処方されました。

赤ちゃんの小さな右手

食べ物や水分の摂り方にも気をつけましたが、それでも時期によっては便秘に悩まされたからです。

また、お腹が大きくなってくると排便に長く時間をかける事が体勢的にもきついですし、無理をすれば痔になる恐れもあるからです。

この痔も便秘や出産時のいきみが原因で妊産婦の多くが経験しています。腹痛や便秘などの異常を感じた時には我慢をせずに、産婦人科に相談する事が一番です。

お腹に赤ちゃんがいる妊婦は検査にも時間がかかる事も珍しくなく、また赤ちゃんの健康の為にも処方できる薬が限られているからです。

もちろん食生活や日常生活でも気を配る事も大切です。


妊娠後期に腹痛を感じたらすぐに病院に電話しよう

妊娠中はちょっとした身体の不調が気になるものです。しかし大抵の場合はマイナートラブルとして、出産するまで我慢をしつづけなければなりません。
むくみや息切れ、めまいや肌のトラブルなど、妊娠中の不調は沢山ありますよね。

しかし特に妊娠後期の腹痛に関しては別です。妊娠後期、特に妊娠9ヶ月以降のときに腹痛を感じたら、すぐに病院に連絡をするようにしましょう。

9ヶ月ともなるとお腹の中の赤ちゃんは身体の作りはほとんど完成し、外へと出る準備をします。お腹の中でぼこぼこと蹴ったりぐるぐる回転していた赤ちゃんが、身体が大きくなってスペースがなくなってくる時期。

いつ外の世界に飛び出してもいいよう、じっと待っている時期でもあります。そんなときに母体が感じる腹痛は、ひょっとすると「赤ちゃんが外に出る」サインかもしれないのです。

電話

ようするに「陣痛」です。陣痛は最初はそれほど痛くありませんから、気づかない人も多いのです。
腹痛の原因は、もしかしたら胃や腸を壊しているからかもしれません。

しかしもしも陣痛だった場合、取り返しのつかないことにもなりかねません。腹痛を感じたら、すぐにかかりつけの病院に電話をしましょう。

「すぐに来て」と言われたら、念のため入院道具を持参して病院に行くといいですね。絶対安静の入院となるか、なんともないか、あるいはそのまま出産となるかはそのとき次第。

どんな展開になってもいいように、あらかじめしっかりと準備をしておくことが大切です。


妊娠初期の子宮が大きくなる痛み

妊娠初期の気持ちも体も不安定な頃、私は度々腹痛を感じました。胎動も感じないような時期なので『赤ちゃんは大丈夫かな?元気かな?』ととても心配になっていました。

昼間は大丈夫でも夜になるにつれて腹痛を感じることが多かったと思います。1日の疲れもあったのだと思います。痛くて布団に横になったりして体を休めていました。

ちょうど初期の頃は子宮が大きくなる時期で、腹痛を感じることもあると聞いたことがあるので、私はその痛みだったんだと思います。

確かに痛いのは下腹部の子宮あたりでした。

しかし、立てないほどの腹痛や病院に行くほどのものではなかったので、私は横になり様子を見ていました。

赤ちゃんの両足

腹痛と出血があったらすぐに病院に行きましたが、1度も出血はみられませんでした。

毎回毎回私はとても不安でしたが、下腹部をなでたり暖めながら自分を落ち着かせました。

そして、中期に入る頃には不思議とあの痛みもなくなりました。布団に腹痛で横になることもなくなりました。少し初期は体も無理をしすぎていて『休みなさい!』との合図だったのかもしれません。

腹痛の度に不安でしたが私は無事に赤ちゃんを出産することが出来ました。女性の体はいろいろ複雑なんだなと思い知らされました。


置き換えダイエットで成功したって話。

ネットサーフィンをしていると、良く、置き換えダイエットで痩せましたっていうような画像を見ますけど、実際どうなんでしょうね。簡単なダイエットだといえるのかなぁ?
私も、そういう商品いくつか買ったことがあります。

豆乳クッキーと、雑炊ダイエットってヤツ。商品を購入する前は、そうかぁ。これだけカロリーオフできるんだったら、痩せるな。
と思っていたのだけど、いざ商品が届いてみると、あまりのその一食あたりの物足りなさにちょっと悲しい気持ちになった。

雑炊

えっ!?これだけしか食べちゃだめなの?みたいな。そんな感じ。
ダイエットシェイクにしても、試してみたことあるけど、結局美味しい食事をしたいって気持ちはなくならないんですよね。

たとえ、栄養面もOk、カロリーも少ない・・理論的に仮にOKだとしても結局本人の継続性というか、頑張りというかそういうのが必要ですよね。
だから、今は、適度に運動しつつ、適度に美味しい食事をしつつ、楽しくダイエットするように心がけてます。


アロマテラピー検定の問題集

去年の花粉症が、もうとにかく辛くって症状を緩和させる為に色々調べていたとき、アロマテラピーに出会いました。はじめは気休め的なものだと思っていたら、
意外と予想以上に効果ありだったので感動してしまいハマっちゃいました。

それから近くのアロマテラピー教室の先生に教わりながら少しずつ精油の種類を増やしていきました。
そこの教室にいくつかの小さい精油が入ったセットがあって・・・ん?なんだろう?と思っていたら『検定セット』

イランイラン

検定では利き酒みたいに香りで精油を当てる香りテストがあるのだとか。先生に『興味があったら検定どうですか?』と誘われたのだけど、その時はさほど検定自体に興味はなかったのでずっと受けずにいました。

でも最近趣味の話が出て、色々好きだったり興味はあるものの、趣味と呼べるまでの深い知識などがなかったことに気が付いて折角好きなアロマなのだから、勉強してみようと思い立ちアロマ検定の問題集を買っちゃいました♪

検定の勉強がんばるぞ!ヾ(・∀・`*)ノ


時代の流れは早い

スマフォスマフォと今は、スマフォがすごい勢いでシェアを拡大してきていますよね。
少し前だと、スマフォを持っている人が少数派で、電車などでフリックしている人なんかを見ると、「おおぉ。カッコいい」なんて思ってましたけど、今では、それほどでもない感じになりつつありますよね。

だけど、さっき思いだしたのですが、スマフォが流行る数年前にも、携帯電話関連でちょっと流行ったものありましたよね。ワンセグ・・。覚えてますか?
というより私自身いまだにその意味を分かっていませんが、記憶だと、携帯でテレビが今までにないような綺麗な画質で見ることができちゃうというようなものだったと記憶している。

スマートフォン

当時も、「その携帯ワンセグなの?」などなどの会話があふれかえっていたような気がする。
今ではそんな言葉全くといいほど聞かなくなりましたね。

私も、当時便乗するような形でワンセグの携帯持ったけど、そんなに便利だなぁと感じたことはなかったなぁ。だって、充電が減るのがやたらと早いし、こんなこと言ったら根本的な問題かもしれませんが、そんなにがっついてみるほどもともとテレビ見てなかったですし・・。

ま、そんな懐かしいワンセグ・・で今はスマフォですが、スマフォは本当に便利だなぁと思う。